2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブラインドスキーツアーへの質問(その2) | トップページ | スキー人口のこと »

2010年11月 7日 (日)

スキー人口はピーク時の4割以下

今朝、NIFTYのニュースサイトを読んでいたら、こんなニュースが掲載されていました。

「有名スキー場」が次々と閉鎖 スキー人口はピーク時の四割以下

週刊文春のコラムからの転載らしいのですが、この記事によるとピーク時のスキー人口が1860万人だったのに対し、現在は720万人になっているとか。
この人数にボード人口が含まれているのかどうかは記事からは分かりませんが、我々スキーヤーの感覚としても、以前に比べるとずいぶんゲレンデ人口が減ってきている、という気はしていました。
ちょこっと検索をしてみると、こんなサイトがあり、これを見ているだけでもこの10年くらいでずいぶん知っているスキー場も閉鎖や休止しているのだな、と思いました。

ただ、利用する側からだけの視点で言えば、駐車場の込具合やリフト待ちの時間などは今ぐらいがちょうどいいのかなー、とも思います。
もっともスキー場自体が閉鎖されてしまっては元も子もないのですが。

Dscn5946

(この写真は5年前のTABSツアーで撮影、確かにコースに人がいない...)

ブラインドスキーのツアーを始めたころは、まだもう少しゲレンデも混み合っていて、なるべく人が少なくて、障害物の少ないスキー場を探すのに苦労したものでした。
今は人気のあるゲレンデでも、そんなにコース上で滑るのに苦労することはなくなりましたね。多分、それもスキー人口の減少が要因なのでしょうね。

事務局 栗田

« ブラインドスキーツアーへの質問(その2) | トップページ | スキー人口のこと »

ブラインドスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566316/49959580

この記事へのトラックバック一覧です: スキー人口はピーク時の4割以下:

« ブラインドスキーツアーへの質問(その2) | トップページ | スキー人口のこと »

フォト

ブログパーツを貼るリスト名

TABSオフィシャルホームページ