2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 妙高高原のこと | トップページ | ブラインドスキーヤー風間さんからのおたより(その2) »

2010年11月17日 (水)

ブラインドスキーヤー風間さんからのおたより(その1)

今日はリニューアル前のTABSオフィシャルホームページに紹介していたブラインドスキーヤーである風間さんからのおたよりを紹介します。
ホームページリニューアルでお便りコーナーがなくなってしまったので、今は見れなくなっています。そこでこちらでちょっと再掲。またお便りがいくつか溜まればホームページにも再掲します。
お便りは少し長いので、3日に渡って紹介します。では第一日目からどうぞ。

風間幸子さんからのお便り(2005.1の裏磐梯ツアーに参加)

Dscn5930

(写真左から二人目が風間さん:2005年撮影)

TABSのスタッフの皆様こんにちは。裏磐梯では大変おせわになりました。あっという間にあれから1週間が過ぎてしまいました。お疲れはとれましたでしょうか?私は、去年の疲労とは全く違って1日1日快復していきました。
今回のスキーで、やっと私もブラインドスキーのお仲間に入れていただいた気分になっています。早くお礼のメールをしなければと思いながら何からお話ししようかと、スキーにまつわる色々なことが頭の中を巡っていて今日に至っています。

「ヤッター」。いや、これは偶然。たまたま、できたことだわ。そして、二日目偶然ではない、納得しながら滑っているじゃないの。ちゃんとHさんの声が聞こえているし、Cさんの声も私の側で呼びかけているのが聞こえている。私の手はだれのところにも掴まっていないわ。「とまってー」と言うHさんの声で私は板をハの字にぐうっと広げて体をこらえてこらえて、すると自然に着地。そして、又(そこから右へ左へと)Hさんの声は近くに遠くに聞こえながら私の体はターンをしながら滑っていきました。

こうして、繰り替えし繰り替えし、リフトを何回乗ったか数え切れません。私は滑っている内に、Hさんの指示が左右を逆に言ったような気がしました。それで、私はその指示とは反対の方へ重心を替えて滑りました。すると、Cさんが隣で「そうそう、右へ行って」と声をかけてくれました。「ヤッター」。私は自分でどちらへ進むべきかも足の裏で感じている。嬉しい。これはすごいことかな?

去年は、サポーターが左右をまちがえて言ってしまい、その指示のままに滑って、あっという間に雪の池に落ちて行きました。
私のスキーは去年とかなりだんとつで進歩したと思います。王子駅で皆さんにお会いした時から1年間の空白は縮まって、ついこの間のような気がしてきました。そして、裏磐梯のスキー場へ着いて、(私はこの階段がとても嫌いだったのですが)、ふしぎに長く感じませんでした。

ゲレンデについて板を付けてから体操をしました。去年までの私は板を付けてこんな運動は怖くて足がぐらついたり、バランスを崩して転んでいたと思います。
実は去年、膝関節を痛めてしまいました。今までならば、長くても2週間もすれば完治したのですが、なかなかよくなりませんでした。
また、妙高では、雪の池に落ちて次の日に首を捻ったらしく気分が悪くなりました。それで、午前中はスキーを休みましたがこれは正しい判断だったと思います。午後には、Hさんに、「私、転ばないで滑りたいんです」と無理なお願いをしました。すると、Hさんは「分かりました」と言って、本当に1回も転ぶことなく私の両手をとって気持ちよく楽しく笑顔で滑らせてくださいました。この時の滑った感触が体全身で憶える事ができて、今年への挑戦に繋がっていきました。

他のブラインドたちは毎年初参加の人がいて、みんなそれなりに一人で滑れるようになって楽しんで帰っていくのに、私ばかりがいつも、一人滑りができずに「又、次の時にがんばります」という感想を述べるのは辛いものでした。
でも、ブラインドの仲間に、「私も初めはそうだったのよ。自分の体で滑る感触を掴むまではがんばらないと」とか、社協の方やサポーターの皆様にも激励の励ましをたくさんいただきました。家族からも背中を押されて3年目の今シーズンだけはがんばってみようと参加した次第です。
その区切りの初滑りで、Hさんの声を遠くで近くで聴きながら鈴を追いかけて滑っていき、バランスも崩さずに転ばないで着地もできたのですからこんな嬉しいことはありませんでした。

(1日目はここまでとします)

« 妙高高原のこと | トップページ | ブラインドスキーヤー風間さんからのおたより(その2) »

ブラインドスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566316/50059314

この記事へのトラックバック一覧です: ブラインドスキーヤー風間さんからのおたより(その1):

« 妙高高原のこと | トップページ | ブラインドスキーヤー風間さんからのおたより(その2) »

フォト

ブログパーツを貼るリスト名

TABSオフィシャルホームページ