2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 上越タイムスの記事 | トップページ | 急募!1月スキーツアーのサポーター求む! »

2010年11月29日 (月)

TABSの原点<裏磐梯スキー場>

ここ数年、TABSのスキーツアーは年3回開催され、浅間・妙高・裏磐梯の3か所を訪れるのが定番となりましたが、始めたばかりの頃は裏磐梯ばかりに行っていた時期がありました。

今日、紹介するのはTABSのブラインドメンバーで重鎮の古チャンからのエントリー。その裏磐梯のスキー場について語ってくれました。

(ここから古チャンのコメントです)
今までツアーを行ったスキー場:
福島県:裏磐梯高原スキー場、猫魔スキー場、グランデコこスキー場。
新潟県:苗場スキー場、三国スキー場、赤倉京王チャンピオンスキー場、赤倉熊堂スキー場、アルペンブリックスキーリゾート。
長野県:あさま2000スキー場。

Dscn5966

(写真は最上部の壁から見た裏磐梯スキー場全景)

私は、最近ツアーでは訪れていませんが「裏磐梯スキー場」がブラインドスキーの聖地で
はないかと思っています。
これまで、TABSのツアーに参加したほとんどのブラインドの方が、スキーの第一歩をこのスキー場で行い、壁と呼ばれる場所で大転倒して来たのではないでしょうか。
手探りでツアーを始めた頃は、技量はともかくとしてサポーターの数も多く、地元ボランティアを合わせて70名以上がこのスキー場で一同に滑っていました。
ここは地元でも穴場的なスキー場なので、普段は非常にすいている事もあり、大げさに言うと4分の1位がツアーの仲間だった気がします。
リフト脇にコースがあるので、上手に滑ってもはたまた転んでも一目瞭然、リフトからの声援や冗談交じりの罵声が聞こえたりで、とても楽しく滑る事ができました。
リフト3本という小ぶりなスキー場なので、最近はブラインドの方たちもいろんなバリエーションがある他のコースを滑りたいという事と、少し宿舎から遠いという事でここのところツアーでは開催していませんが、私的にはそろそろ1度壁に挑戦してみたいなと思っているこのごろです。

以上が古チャンからのエントリーです。
私もこのスキー場で何度もブラインドスキーヤー達と滑りました。いつ行っても積雪が豊富で、当時は30代半ばと若かったこともあり、サポーター仲間で雪合戦をしたり、はたまたパウダースノーの中に埋められてしまったりと、スキー以外でも楽しめました。
古チャンが書いている「壁」というのは、最上部にあり500mほどの急斜面です。午後になるとコブができてブラインドにはきついコースになり、ここを転ばずに滑り切ることが彼らの目標になっていました。
古いメンバーが集まってここで同窓会ツアーなんていうのもいいですね。

事務局 栗田

« 上越タイムスの記事 | トップページ | 急募!1月スキーツアーのサポーター求む! »

ブラインドスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566316/50151222

この記事へのトラックバック一覧です: TABSの原点<裏磐梯スキー場>:

« 上越タイムスの記事 | トップページ | 急募!1月スキーツアーのサポーター求む! »

フォト

ブログパーツを貼るリスト名

TABSオフィシャルホームページ