2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« うーーん、行きたいなー。 | トップページ | 白杖のこと(その3) »

2010年12月23日 (木)

「白杖」のこと(その2)

先だって、「白杖」のことを少し書きましたが、実際に使っている人に聞いてみようと、同じ会社で働いているIさんに聞いてみました。
まず聞きたかったのが、雑誌の筆者はいつも携帯しているというスペアの杖、これをいつも持ち歩いているのかどうか。これまであまり見たことがなかったので、持っていないんじゃないかなと思っていましたが、答えはやはり「持ち歩いていない」とのこと。
もちろん、家にはスペアの杖は常備しているそうです。なんてったって、彼らの3本目の手足のようなもんですからね。

Wru

「じゃあ、外出中に壊れてしまったらどうするの」という質問の答えは「応急処置でどうにか直す」らしいです。よく使うのがガムテープ。三宮さんも寄稿文の中で書いていましたが、人とぶつかって折れる、ということは時々あるそうです。そんな時はどうにかガムテープで補強して帰宅まで持たせるようです。
そのぶつかる話ですが、そんなにしょっちゅうというわけではないけど、やはり電車の乗り降りで人とぶつかり、折れてしまうということは何度か経験したようで、自分が電車から降りてきたばかりの時に駆け込み乗車をしようとした人の足とぶつかってポキッとやってしまったこともあったとか。当然のように謝らずにその人は行ってしまったようですが。
折れる話では、自転車のペダルと当たって折れる、ということもあるらしく、これは想像するだけでちょっと怖いような思いがしますね。

ところで「白杖」のお値段は?と聞いたところ、彼がいつも使っている折りたたみ式のものは3,4千円くらいだそうです。
ちなみに楽天で検索してみましたが、やはり折りたたみ式のもので3千円くらい、直杖と呼ばれるたためないもので2千円くらいでした。
この白杖も助成金の対象となるらしく、役所で手続きをすれば支給されるそうですが、ご多聞にもれずこの助成金も大変に手続きが面倒で、ほとんど利用したことがないようです。
役所の福祉課に盲人本人が「墨字!」で申請書類を提出するとのことですが、家族がいない人はどうやって申請書類を書くのでしょうか?
そして申請してから杖が届くまで約2週間。お金での補助ではなく、現物支給なので壊れてすぐ申請している人だったらとてもじゃないけど使えませんね。聞けばぶつかって壊れたりしなくても、普通に使っていれば2年か3年で寿命がくるらしいので、申請しなくても3年に一度は全員に支給する、というような仕組みを考えられないものでしょうかね。

我々サポートする者にとっても、杖は役に立ちます。
例えば待ち合わせをしている時。先に待ち合わせ場所に行っていれば、杖を突く音で彼らがやってきたことが分かります。初めて会う人でも白杖を持って待っていてくれれば、目印にもなるのです。

ブラインドの皆さん、白杖にまつわる話、ここに書いた以外で何かあれば、ぜひメール
教えてください。待ってます。
なお、上のイラストは「盲人のための国際シンボルマーク」だそうです。社会福祉法人 日本盲人福祉委員会のホームページで紹介されていました。

事務局 栗田

« うーーん、行きたいなー。 | トップページ | 白杖のこと(その3) »

視覚障害」カテゴリの記事

コメント

Iの妻です。私は白杖などを販売する所に勤めているのですが、毎日5人~10人の人が杖を折られたといって来館されます。通行人のほか、自転車による被害も多いです。折りたたみ杖の場合、折れたパイプのみを交換すれば良いのですが、それでも1本1000円~1500円かかります。そして、殆どの人が自費でパイプ代を払っています。中には「今年に入って4回目」「傍にいた人に聞いたら、ぶつかった人は小さいお子さんを自転車に乗せた主婦の人だった」という方もいて、本当に気の毒です。ブラインドにとって杖は目の代わりなのだから、杖を折られることは体の一部を傷つけられることと同じということの重みをもっと世間が認知してほしいですね。さて、助成金(給付)についてですが、原則、価格の1割は利用者が払う必要があります。ただし、所得に応じて免除される場合があります。また、杖の形式(直杖か折りたたみ)・材質(軽金属かグラスファイバー)によって、助成を受けられる間隔が異なります。例えば、折りたたみ杖の軽金属の場合は4年なので、4年経たないと新たな助成を受けることができません。このように、利用者の所得や過去の助成の状況諸々を鑑みて、決定を出しているようです。最近は決定までの期間が随分短くなってきています。ただし、ブログで触れていらっしゃるように、手続きはもっと簡素化できないものかと常々思っております。特に白杖は早く必要とする人が多いですからね。これだけIT化が進んでいるにも関わらず、紙媒体、郵送でのやりとり、かつ印鑑が欠かせず、どれもブラインドにとって大変な作業です。それにしても、楽天でも白杖が売っているのですね!驚きました。三宮さんのエッセイは私も大好きです。

Iさんの奥様、こんばんは。(って何だか変な挨拶ですが)
コメントをありがとうございます。助成金のことについてフォローありがとうございます。決定までの期間は早くなっているんですね。利用者に便利な仕組みになっていってほしいですね。
私はブログで「三本目の手足」と表現してしまいましたが、これまた大きな間違い。奥様が書かれているように「目のかわり」でしたね。確かにその通り。そういえば三宮さんもそのような表現をされていたのに...。
これからもまたコメントお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566316/50374524

この記事へのトラックバック一覧です: 「白杖」のこと(その2):

« うーーん、行きたいなー。 | トップページ | 白杖のこと(その3) »

フォト

ブログパーツを貼るリスト名

TABSオフィシャルホームページ