2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

今、被災地で視覚障害者は。

今日で3月も終わる。あっという間の年度末だった。
3月11日の大震災以降、曜日もいいかげんになり、あっという間に夕方になる。
そんな毎日を過ごしていたら、気がついたら年度末になっていた、という始末。

大震災のニュースでは、福島原発のことがほとんどではあるものの、少しずつ被災者や避難者の方々の声や支援の様子が詳しく伝えられるようになってきている。
でも、テレビや新聞に登場するそれらの方々の中にお年寄りや子供たちの姿は見ても、あまり障害者の人が登場することはない。(というよりまだ自分自身では見た記憶がない)
ブラインドスキーに関わる身としては、特に視覚障害者がどうしているのか、もともと情報弱者の彼らにきちんと生活情報が届いているのかがとても気になる。
ネットで検索しても記事などには書かれていないし、それを伝えるエントリーもほとんどない。

そんな中で地震直後にエントリーされた愛媛在住のミントさんのブログ
彼女も書かれていますが、普段の生活をしている視覚障害者はよく知っている場所や道は体で覚えこんでいるので、スタスタと歩くしどこに何があるのか、よく覚えています。
でも、ちょっとした普段との違い、例えば道路工事をしていて普段通う道が通れなかったり、いつも乗っている電車が遅れていたりトラブルで15両編成の電車が10両になってしまったりしたら、一気に頭が真っ白になると言います。
私が普段付き合っている、どちらかと言うとアクティブなブラインドの友人でもそうなのです。

地震発生後、一週間くらいは東京でもJRのダイヤが大幅に狂っていました。
私が普段使うJR上野駅は、その構造が複雑で、しかも同じ路線でいくつものホームがあり、それもそれぞれが遠く離れてしまっていたりする、初めてこの駅を使う視覚障害者にとって、とてもハードルが高い駅だと思いますが、やはりここで行き場を失ってボーっとしている白杖をもった男性がいました。
声をかけると高崎線で上野まで出てきたが、普段と違う列車に乗ったので、改札までの道がよく分からなくなってしまった様子。ちょうど私も彼が向かおうとしている改札に向かっていたので同行しましたが、その間に少し話しをしたらやはりダイヤの乱れで通勤にすごくストレスがかかるようになってしまったとか。
はてさて、被災地の避難所にいる盲人たちはどうなのだろう。新聞報道では避難所を点々とするケースも見聞きする。とすると、数日間でやっと慣れた避難所を移るとまたイチからやり直し、ということの繰り返しなのか。

ここでイライラしてても仕方ないので、避難所のひとつでも行ってみたいのだが、仕事もありそれはできない。どなたか現地での事情を知っている人は教えてもらえないだろうか。

ちなみに地震の際の障害者からのお願いは、ココ(のーまらいふ杉並)によくまとめてあります。

事務局 栗田

2011年3月29日 (火)

被災地に送ったスキーウェアのその後

以前にこちらのエントリーで紹介していた「I LOVE SNOW」One’s Handsプロジェクト」に送ったスキーウェアがどうなったのかなー、と思っていたら、スタッフの方のブログがありました。

http://ameblo.jp/ilovesnow-campaign/

ここに、土曜日に避難所各地にウェアを届けたスタッフさんの様子が書かれています。
避難所で届けられたウェアなどを手にする被災者の方々の姿も写真で見ることができますが、できれば届けられたウェアを着た写真などがあれば、もっとよかったかなー。

でも、現地に無事スキーウェアたちが届けられ、それを喜んでくださる方々がいて、少しほっとしたような気分です。

事務局 栗田

2011年3月27日 (日)

荷物とどきましたね

ホテル白雲荘さんにお願いしていたツアー参加予定者の荷物、金曜日あたりから帰ってきているようですね。
皆さん、無事に戻ってきていますか?もしまだの方がいたら、事務局までご連絡ください。

その白雲荘さんですが、まだ暖房用の燃料供給がないため、休業中が続いているようです。ホームページの予約欄には4月から○×がついているので、月が変わったら再開でしょうか。
なんとなく、今回の件で他人事とは思えずに心配しています。
被災地での寒さも相変わらず厳しく、まだまだ氷点下が続いている様子
白雲荘さんのブログでは、いつもの年なら歓迎されるこの時期の雪なのだけど、今年ばかりは「もういらねー」、というエントリーも。

Hakuun
確かに今年だけは、一日でも半日でも早く春になってもらいたいのものです。

事務局 栗田

2011年3月23日 (水)

裏磐梯からの荷物

クロネコヤマトのホームページによると、すでに福島県での一部荷物取扱いが始まったようです。
まだ持ち込み荷物の受付のみのようですので、集配達は再開されていないため、まだ我々の荷物が戻ってくるまでには時間がかかるかもしれませんが、状況は改善されつつあるようです。

日に日に亡くなった方の人数が増えていくニュースには心が塞がれますが、少しずつ復興の槌音は聞こえ始めているようです。

事務局 栗田

2011年3月20日 (日)

立ち上がりつつある人たちに向けて

2011年3月11日に起こった東北関東大震災から9日経ち、当初の地震被害の凄惨さを伝える写真から少しづつ被災者や関係者の人たちで現地で頑張る写真が増えてきました。
そんな写真を集めてムービーにしてみました。
一歩づつ、被災者の皆さんが前に進めますように。

事務局 栗田

白雲荘さんへ寄贈

昨日朝のエントリーのとおり、ツアー用に送った宅急便の荷物については、本日、宿泊予定先であった「ホテル白雲荘」さんにリストをFAXで送ると同時に、電話連絡しております。
ホテルの方のお話では、まだまだ集荷の見込みが立たないということでしたので、荷物が戻ってくるまではまだしばらくかかると思われますのでご容赦ください。

なお、今回のツアーで使うためにTABSからホテル白雲荘さんに送っていた荷物のうち、飲み物(お茶、ビール、チュウーハイ等)と若干のお菓子については、そのまま白雲荘さんでお使いくださるように寄贈いたしました。
ちょうど18日から一部の避難民の方々にお部屋を提供されていることもスタッフブログに掲示されていましたので、有効に使っていただけると思います。

事務局 栗田

2011年3月19日 (土)

スキーウェアを被災地へ

I LOVE SNOWキャンペーン

TABSメンバーやブラインドの仲間で何か震災被災地の人たちのサポートができないか、考えながらネットを巡回していました。
会社の知り合いが「スキーウェアを送ろうと思う」と言っていたのを思い出し、検索してみたらこんなプロジェクトが見つかりました。

「I LOVE SNOW」One’s Handsプロジェクト

詳しいことはリンク先のホームページから情報を得てください。
まだ裏磐梯から宅急便が返ってこないので、今シーズンのウェアは送れないと思いますが、昨シーズンまで使っていたウェアが自宅にあれば協力してみてはどうでしょうか?
ブラインドの方でホームページの読み込みがうまくできなかったり、送付状のことでわからないことがあったら、TABSのメールアドレスに連絡していただくか、栗田の携帯までご連絡を。
ちなみに締切は来週の23日水曜日までです。

事務局 栗田

宅急便の現況など

大震災から一週間が経過しました。
被災者の数が日に日に多くなっていくことに心を悼めています。
震災直後から昨日までは、会社の仕事(社員ならびにそのご家族の安否確認)に追われて、被災地での様子は新聞で見聞きする程度や現地の社員の話を聞く程度でしたが、今日、久しぶりに休みをとってネットを見ていると新聞にはあまり載らない情報もいろいろとあり、困っている方々に自分たちが何ができるのか、考えながら各サイトを見ていました。

私の自宅は埼玉県ですが、震災被害者の方々が、さいたまスーパーアリーナに避難されているそうです。
ネットの情報によると、赤ちゃん系のグッズが不足しているとか。残念ながら我が家には幼児はいないので、衣類や幼児用品は何もないと思いますが、代わりになるものを何かみつくろえないか考えて、アリーナに持っていこうと思っています。
(ガソリンを使いたくないので、自転車で行ってみようかな)

ところで、裏磐梯ツアー参加予定だった皆さんの宅急便の件ですが、一昨日までに皆さんからメールをいただきましたので、ただいまそれらの一覧表を作成しています。
クロネコヤマトのHPのお知らせによると、青森・秋田・山形の宅急便取扱は再開されているようですが、福島はまだのようです。
一覧表自体は明日にでも宿舎にお伝えしますが、まだしばらく荷物がお手元に届くまで、日にちがかかることをご了承ください。

事務局 栗田

2011年3月16日 (水)

荷物(宅急便)の件

裏磐梯ツアーに参加予定だった皆さんの荷物の件ですが、まだご連絡をいただいていない方はTABSメールアドレスまでご連絡をお願いします。
なお、未だ福島方面の宅急便の集配達は始まっておりません。
すでにご連絡いただいた方も、もうしばらくお待ちいただくようお願いします。

2011年3月12日 (土)

裏磐梯ツアーに予定だった皆様へ

昨日のエントリーのとおり、今週末予定していた裏磐梯ツアーは地震のため、中止とさせていただきました。
つきましては、下記のとおりお知らせいたします。

1.すでに宅急便などで送付した荷物について
 TABSスタッフから宿泊予定だった「白雲荘」と連絡をとり、なるべく早くお手元に戻るように手配しますが、クロネコヤマトのHPにある お知らせ の通り、現時点では福島県内の荷物取扱がストップしております。
 また、白雲荘も16日まで営業を停止する、とのことですので、出勤される従業員も少なくなることも予想されるため、連絡自体がままならないことがあるかと思います。
 したがって、荷物の返却まで日数がかかることがあるかと思いますが、ご容赦願います。

2.参加費について
 こちらもなるべく早く返還できるようにいたしますが、荷物と同様に少々お時間をいただくことになるかと思います。
 白雲荘のキャンセル料は、ホームページに記載のとおり徴収されないようですが、バス代や諸経費について、どれくらいかかるのかこれから算出となります。
 こちらも事情をお察しいただき、ご容赦願いたいと存じます。

なお、荷物を送られた方はTABSメールアドレスまで、以下の情報をご連絡ください。

(1)お名前、連絡先電話番号
(2)荷物の個数
(3)荷物の種類(スキー板、スキー靴、バック等)
(4)片道便か往復便か
(5)控えがあれば荷物の番号等
(6)その他連絡事項

TABSメールアドレス:tabs@live.jp

古村氏にすでに連絡済みの方も改めてご連絡いただければ幸いです。

今回の地震により被害に遭われた方々やご家族の皆さまへ心よりお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

事務局 栗田

2011年3月11日 (金)

本日のツアー

本日のメールは地震のため、中止といたします。

本日から裏磐梯ツアー

本日から裏磐梯ツアー
今晩出発します。まだやったことのない携帯からの投稿をやって見ます。
まずはこれもテストとして携帯からアップ。

2011年3月 5日 (土)

裏磐梯ツアーも来週に迫ってきました!

先週末に妙高ツアーを開催したばかりですが、今シーズンは日盲連のイベントの関係もあり、変則スケジュールを組んでいるため、もう来週には「裏磐梯ツアー」を開催します。
このツアーがTABSの今シーズンのラストツアーになります。
地元福島のボランティアさんたちの名簿もまとまり、ようやくサポートの人数もほぼ出揃いましたが、若干名の不足です。
最終回ですので、まだ迷ってるサポーター希望者の方がいましたら、ご連絡ください。

スキー滑走予定のスキー場は「裏磐梯猫魔スキー場」です。

Nekoma

ちなみに宿泊先は「ホテル白雲荘」さん。よろしくお願いします。

事務局 栗田

2011年3月 2日 (水)

妙高・地元ボランティアさんのブログ

先週末開催の妙高ツアーに参加していただいた地元ボランティアの方が書かれたブログを発見しました。

妙高のツアーでは、中学生からご年配(失礼!)の方まで、幅広い年齢層の地元ボランティアのお手伝いをいただいています。
毎年参加していただいている方もいらっしゃれば、何年かに一度参加いただく方など、あまり堅苦しく感じることなく気軽に参加できるようになってきたのも、長年お付き合いしている結果かな、と思っています。いつもありがとうございます。

事務局の私は、今回は残念ながら妙高ツアーは不参加だったのですが、来年はぜひまた地元ボランティアの方々と交流したいと思っています。
今晩は次回の裏磐梯ツアーの打ち合わせを行ったのですが、その際に妙高ツアーでのお天気が良くてとても楽しいツアーだったいう感想を聞きました。うーーん、行きたかったなー。

事務局 栗田

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

フォト

ブログパーツを貼るリスト名

TABSオフィシャルホームページ