2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

妙高ツアーに参加していただいた地元スキーヤーさん

妙高ツアーが終わったと思ったら、もう来週末は裏磐梯。
ということで、スタッフはバタバタとその段取りに追われておりますが、先だっての妙高ツアーでお手伝いいただいた地元のスキーヤーさんが、ご自分のブログにその様子をアップしていただいていました。
二日間の天気の移り変わりなどがよくわかるブログでしたので、ここでもご紹介しておきます。

「なしたって? ~新潟 妙高高原より~ [妙高市公認 妙高市民PR応援団ブログ]」
↑こちらをクリックしてみてください。

事務局 栗田

2012年2月26日 (日)

妙高ブラインドツアーのショートクリップ

すでにfacebookのTABSページにはお知らせ済みですが、ブログではまだお知らせしていなかったので、こちらにも書き込んでおきます。
先週末に開催した「TABSブラインドスキーツアー2012・妙高高原」での写真を集めて、記録用のショートクリップを作ってみました。残念ながら動画がないので、少々面白さに欠けるかもしれませんが、参加者が楽しんでいる様子が写真から伝わってくれればいいな、と思って作成しました。
youtubeにアップしておりますので、一度見てやってください。

事務局 栗田

2012年2月19日 (日)

妙高ツアー速報《その4》

昨日までの大雪がうそのように、今日の妙高は快晴だったようです。
ツアー参加者からは「ドピーカン!」というメールが届きました。いいなー。
昨日が寒さに震えていただけに、午前中での撤収は後ろ髪を引かれる思いだったのではないでしょうか。
快晴で新雪バリバリのヤッポーコース、滑りたかったなー。
ブラインドのTさんの滑走中の写真と、今日の天気の良さが良くわかる写真が送られてきましたのでアップします。

Myouko201297


Myouko201299

事務局 栗田

妙高ツアー速報《その3》

妙高ツアーの速報、第三弾です。
土曜日の昨日は、予報通り雪が降っている中での滑走だったようです。
ただ、かなり降っていたのは朝までで、滑走時には少し降りがおさまったようですが、寒さは寒波ではなかった様子。メールでは、「リフトで凍りついちゃうよー」という叫びが送られてきました。
それでもサポート初心者の方も含め、条件が悪い中でも楽しんでいる様子でしたので、もう一日、無事に今日も楽しんで滑ってきてほしいものです。

Myouko201216


Myouko201206

事務局 栗田

2012年2月18日 (土)

妙高ツアー速報《その2》

スキー滑走が始まったようです。
この写真は今年初めてTABSツアーに参加してくれた小林さんからの写真で、小学生の次男君も参加。
もちろんブラインドスキーのサポートは初めてです。ちょっとドキドキかな?

Myouko201204


Myouko201205

事務局 栗田


妙高ツアースタート

昨晩、今シーズン2回目のスキーツアーがスタートしました。
今回の目的地は妙高高原。2週前の寒波でニュースになっていたところです。
その後、いったんは小康状態になっていた降雪ですが、水曜日あたりからまた大寒波がやってきているようで、ツアー開催にあたっては、現地からの情報を得ながら慎重に検討しました。
現地のサポーターの方々が雪かきに追われてスキーどころではなくなる、という懸念もあったので、地元の社会福祉協議会の方とも連携をとって考えた結果、ツアーを予定通りスタートさせることとなりました。
予定通りに20時前にJR王子駅を出発したバスは、12時過ぎに宿舎であるアルペンブリックホテルに無事到着。その様子が参加者からfacebook経由で送られてきましたので、こちらでもご紹介しておきます。
天気予報では、今日の昼前後まではかなりの降雪が予想されていますが、現地のメンバーに電話したところ、昨晩はかなり降っていたようですが、今は小雪程度とか。
怪我なく楽しいツアーになりますように。

Myoko201202


Myouko201201


事務局 栗田

2012年2月 3日 (金)

妙高高原の様子

今年2回目となる妙高ツアー出発まで2週間となりました。
ツアー先となる妙高地区は、連日のニュースで取り上げられている通りの豪雪に見舞われています。
「大雪」という文字が出なくても、毎年、このツアーに参加してビックリするのが、インターからスキー場までの道の両脇に高くそびえる雪壁ですが、今年はそれが高さ6mにもなっているところがあるとか。
ネットのニュースで写真を検索してみてみましたが、まるで街全体がカマクラ状態になっているような感じですね。いつもお世話になっている地元のサポーターの皆さんの自宅や職場は大丈夫でしょうか?
各スキー場のブログなどを見ると、こんな中でも整備はキチンとされ、駐車場の準備は抜かりないようですが、地元サポーターの皆さんが雪かきなどの仕事でツアーに参加できなくなるのではないかと心配しています。
幸いにして大雪の峠は越えたようです。
妙高の皆さんが、雪かきや通勤途上でのお怪我のないように祈っております。

スキー場のブログなどを貼り付けておきます。
池の平スキー場管理人ブログ
関・燕特派員レポート
妙高市の雪の情報
妙高市観光協会

事務局 栗田


« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

フォト

ブログパーツを貼るリスト名

TABSオフィシャルホームページ